にきびと肌のタイプ

にきびと肌のタイプ

にきびは肌のタイプによって質やすい出来にくいなどが決まってきます。

 

 

肌のタイプというのは4種類あるのですが乾燥肌の人は比較的にきびは質にくいといわれています。

 

 

その動機に、にきびの元になる皮脂が乾燥肌の人は極端に少なくて、脂っぽさが足りないくらいですからにきびにはなりにくいと言われているのです。

 

 

それゆえ、普通肌というよりも、ホルモンのバランスによってにきびが質るという肌のタイプがありますが、普通肌の人は皮脂の量は多くもなく少なくもないシチュエーションで、皮脂が敗因でにきびが出来る例が多いといわれています。

 

 

肌のタイプの脂性肌の人はトップにきびが出来やすいシチュエーションだといわれています。

 

 

にきびの元になる脂がたくさんありますから小まめに洗顔しないとどんどんにきびが増えていくといわれています。肌のタイプにはもう一つ、混合肌という脂性と乾燥肌が配合している人がいますが、この例は脂性の一部分、わざとTゾーンなどに、にきびが出来やすい体質であるといわれています。

 

 

混合肌はいくぶんかケアが難しくて、にきびが質やすい部分は小まめに洗顔が必需ですが自体その他のの乾燥している部分を必ずしも洗顔しすぎると肌が傷つきますから洗顔の後のケアを安定する不可欠があります。
にきびと肌のタイププロアクティブの出演者の方ってステマかと思っていましたTOPページに戻る